• Home
  • HIVとオピオイド乱用のまん延の交差:危機からエビデンスに基づいた介入まで

HIV Annual Update 2018

HIVとオピオイド乱用のまん延の交差:危機からエビデンスに基づいた介入まで
Intersection of the HIV and Opioid Epidemics: From Crisis to Evidence-Based Interventions

オピオイド乱用のまん延の歴史的概要と進行中の危機について説明していく。これには、オピオイド使用とHIV感染 、HCV感染の発生率と過剰摂取への影響についての検討も含まれている。さらに、オピオイド使用障害に対するエビデンスに基づいた治療、薬物補助療法、およびHIV治療成績が改善するといういくつかのエビデンスが示されている薬物学的治療についての話題も取り上げる。


*CCOの本サイト(英語)を閲覧するには、ユーザー登録が必要です。

Date posted:2/28/2019

Translated and published with permission. ©2020 Clinical Care Options, LLC

Disclaimer : Clinical Care Options is not responsible for the accuracy of the translation of this educational product,
including errors, omissions, or misinterpretations that may have occurred in the translation of this product from English to Japanese.

Practice Updates: HIV Managementは、ヴィーブヘルスケア株式会社からの教育助成金によりエイズ予防財団が選択したプログラムを提供しています。

ページトップへ