• Home
  • CROI 2017|CROI 2017からの新規データの臨床的影響 [スライドセット]

2017 Conference on Retroviruses and Opportunistic Infections

CCOによる会議報告:CROI 2017からの新規データの臨床的影響(総合概説)
CCO Independent Conference Coverage: Clinical Impact of New Data From CROI 2017*


Charles B. Hicks氏(MD)

Joel E. Gallant氏(MD, MPH)

エキスパート分析では、Joel E. Gallant氏(MD, MPH)とCharles B. Hicks氏(MD)が、CROI 2017で発表されたHIV感染者の管理に関する最新の臨床データについて、詳細な議論を提供します。

学習目標

本学習の終了後、以下の項目の実践が可能になります。

  • HIV感染予防のために使用される抗HIV薬(ARV)の研究からのデータを適用する。
  • 治療歴のない患者、および治療歴のある患者におけるARVの最近の臨床試験結果に基づいた管理戦略の策定
  • HIV、ART、および併存疾患に関連する合併症を管理するためのベストプラクティスを統合する。

内容は次の通りです。

*CCOの本サイト(英語)を閲覧するには、ユーザー登録が必要です。

Date posted:1/19/2018

Translated and published with permission. ©2020 Clinical Care Options, LLC

Disclaimer : Clinical Care Options is not responsible for the accuracy of the translation of this educational product,
including errors, omissions, or misinterpretations that may have occurred in the translation of this product from English to Japanese.

Practice Updates: HIV Managementは、ヴィーブヘルスケア株式会社からの教育助成金によりエイズ予防財団が選択したプログラムを提供しています。

ページトップへ