2017 Conference on Retroviruses and Opportunistic Infections

前書き

CROI 2017からの新規データの臨床的影響


本エキスパート分析では、Joel E. Gallant博士(MD, MPH)およびCharles B. Hicks博士(MD)が、2017 Conference on Retroviruses and Opportunistic Infections(CROI)で発表された新たな研究結果の臨床的意味を考察する。曝露前感染予防(薬)(PrEP)使用者における性感染症(STI)の曝露後感染予防(薬)(PEP)、現在利用可能なARV、ウイルス学的に抑制されている患者に対する切り替え/簡易化戦略ならびに治験薬、治療関連合併症、および薬剤耐性に関する最新データを含む、その他いくつかの疾患管理に関する重要な題材について新規データを取り上げ、主要な試験について概説する。

このスライドについて


Clinical Care Options社のウェブサイトに公表されているこの資料は、Clinical Care Options社、医師生涯教育の提供者、あるいは教育助成金を提供した企業の見解ではなく、著者本人の見解を反映するものです。この中には、米国食品医薬品局(FDA)の承認を受けていない治療薬の使用や用量に関する記述も含まれています。記載されている治療薬を使用する場合は、資格を有する医療専門家に事前にご相談下さい。患者さんを治療する前に、または記載の治療を行う前に、すべての情報とデータをご確認下さい。

本スライドの作成に携わった研究者

本スライドの作成に携わった研究者を挙げる。

研究者の開示に関する情報

本スライドの作成に携わった研究者の開示に関する情報を記載する。

Translated and published with permission. ©2020 Clinical Care Options, LLC

Disclaimer : Clinical Care Options is not responsible for the accuracy of the translation of this educational product,
including errors, omissions, or misinterpretations that may have occurred in the translation of this product from English to Japanese.

Practice Updates: HIV Managementは、ヴィーブヘルスケア株式会社からの教育助成金によりエイズ予防財団が選択したプログラムを提供しています。

ページトップへ