• Home
  • CROI2020|オーストラリアの同性愛と両性愛の男性でHIV発生率の4分の3の減少は、予防としての治療と強く関連
CROI2020 NAM

2020年3月12日

オーストラリアの同性愛と両性愛の男性でHIV発生率の4分の3の減少は、予防としての治療と強く関連

HIV incidence falls by three-quarters in Australian gay and bisexual men, strongly associated with treatment as prevention

Denton Callander presenting at CROI 2020.

HIVの予防としての治療は、コミュニティーレベルのウイルス抑制として測定されたが、PrEPが利用できるようになる前でさえ、 オーストラリアの同性愛と両性愛の男性でみられた新規HIV感染数の大きな低下と強く関連していた。この研究は、CROI 2020で、University of New South WalesのDenton Callander博士が発表した。

予防としての治療(または、検出できない=感染しない、U=U)には、個人レベルでは明らかに恩恵があるにもかかわらず、予防としての治療(TasP)の同性愛と両性愛の男性における直接測定されるHIV発生率に対するコミュニティーレベルでの効果を評価した大規模な試験はまだない。

この研究で用いたデータはNew South WalesとVictoriaの約115,000人の同性愛と両性愛の男性からのものであった。コミュニティーレベルでのウイルス血症を推定するために2つの測定値を用いたが、それらはHIV感染者の臨床的なウイルス量測定の個々の結果と、HIV感染が診断されていない男性の数の推定値であった。

HIV発生率は、2012~2017年まで繰り返し行われたHIV検査と年間の新規HIV診断を調べて確定した。コミュニティーのウイルス血症とHIV年間発生率の相関は、PrEPがオーストラリアで広く利用できるようになる前の2012~2015年までと、2012~2017年までの期間全体の両方について計算した。

同性愛と両性愛で診断された男性のHIVウイルス血症は、HIV治療を受ける男性が増加したため、2012年の17%から2017年の4%まで大きく低下した。一方、HIVに感染しているが診断されていない男性の割合は、11%から9%と微減した。まとめると、HIVウイルス血症のコミュニティーでの年間有病率は、2012年の29%から2017年の13%まで低下し、一方、HIV発生率は2012年の0.88/100人年から2017年の0.22/100人年まで低下した。

この研究は、コミュニティーのウイルス血症のレベルの低下は、HIV陽性と診断された男性の減少と強く関連していたことと、この関係はPrEPがこれらの州に導入される前から存在していたことを示している。

関連サイト

本記事は日本国外の治療に関するニュースであり、本邦では承認されていない薬剤あるいは本邦とは異なる効能・効果、用法・用量で使用されている成績が含まれていますので、ご注意下さい。
記載されている医薬品のご使用にあたっては、必ず各薬剤の製品添付文書をご参照下さい。

This material is based on an original copyright publication by NAM Publications, an independent HIV information charity based in the UK. Permission for this adaptation has been granted by NAM. The original publication can be viewed at www.aidsmap.com. NAM cannot be held responsible for the accuracy of the adaptation nor the local relevance of the text.

当コンテンツは、英国を本拠地とするHIV情報の慈善団体であるNAM Publicationsの著作権に基づいて制作し、許諾を得て掲載しています。 記事原文については、www.aidsmap.comでご覧頂くことができます。なお、その情報の正確性、適用性、完全性については、NAMは一切責任を負いません。

Practice Updates: HIV Managementは、ヴィーブヘルスケア株式会社からの教育助成金によりエイズ予防財団が選択したプログラムを提供しています。