• Home
  • CROI2020|長時間作用型注射薬は2ヵ月ごとに投与できる可能性がある
CROI2020 NAM

2020年3月12日

長時間作用型注射薬は2ヵ月ごとに投与できる可能性がある

Long-acting injectables might be administered every two months

 

CROI 2020での報告によれば、2種類の長時間作用型注射薬の組み合わせによる2ヵ月ごとの投与は、毎月の注射と同様にHIVウイルス量を抑制する。

治療を隔月で受けることができると、より便利になり、アドヒアランスを改善する可能性もある。しかし、この試験では、隔月のレジメンで投与を受けた人は、ウイルス抑制を維持できなかった場合、耐性となってしまう可能性がより高かった。

長時間作用型カボテグラビル+リルピビリンは、数年間研究されている。これまでの研究は、薬剤のレベルは体内で1ヵ月超維持されることを示していて、研究者らが隔月のレジメンを検討することを促していた。

新しい試験であるATLAS-2Mは、1,045人の参加者を組み入れ、カボテグラビル600 mgとリルピビリン900 mgの注射を隔月で受ける群(522人)と、カボテグラビル400 mgとリルピビリン600 mgの注射を毎月受ける群(523人)に無作為に割り付けた。

48週間の治療後、隔月のレジメンの参加者の94.3%と、毎月のレジメンの参加者の93.5%は、ベースラインで検出不能であったウイルス量が検出不能のままであった。

しかし、隔月のレジメンの8人(1.5%)と毎月のレジメンの2人(0.4%)で、2回続けてウイルス量が200コピー/mLを超えることと定義されたウイルス学的失敗が確認された。頻度の少ない方のレジメンを用いた人は、薬剤耐性変異を持つ可能性がより高かった。

治療は概して安全で忍容性は良好で、最もよくみられた副作用は注射部位反応であった。試験参加者のほぼ全員が、毎日の経口治療よりも注射を好むと答えた。

これらの結果は、隔月投与の長時間作用型カボテグラビル+リルピビリンの魅力的な治療の選択肢となる可能性を示しているが、薬剤耐性の可能性がより高いことが懸念材料となる可能性がある。

関連サイト

本記事は日本国外の治療に関するニュースであり、本邦では承認されていない薬剤あるいは本邦とは異なる効能・効果、用法・用量で使用されている成績が含まれていますので、ご注意下さい。
記載されている医薬品のご使用にあたっては、必ず各薬剤の製品添付文書をご参照下さい。

This material is based on an original copyright publication by NAM Publications, an independent HIV information charity based in the UK. Permission for this adaptation has been granted by NAM. The original publication can be viewed at www.aidsmap.com. NAM cannot be held responsible for the accuracy of the adaptation nor the local relevance of the text.

当コンテンツは、英国を本拠地とするHIV情報の慈善団体であるNAM Publicationsの著作権に基づいて制作し、許諾を得て掲載しています。 記事原文については、www.aidsmap.comでご覧頂くことができます。なお、その情報の正確性、適用性、完全性については、NAMは一切責任を負いません。

Practice Updates: HIV Managementは、ヴィーブヘルスケア株式会社からの教育助成金によりエイズ予防財団が選択したプログラムを提供しています。