• Home
  • CROI2020|HIVに感染している幼児が無治療で3年間ウイルス抑制を維持
CROI2020 NAM

2020年3月19日

HIVに感染している幼児が無治療で3年間ウイルス抑制を維持

Child with HIV maintains viral suppression for three years off treatment

CROI 2020での発表によれば、妊娠中にHIVに感染した米国の4歳児は、出生後2日以内に抗レトロウイルス療法(ART)を開始し、1年後に中止したが、治療後3年間経過した現時点で、寛解を維持している。

抗レトロウイルス薬はHIVの複製を長期間にわたって抑制できるが、一般的には、治療を中止するとすぐにウイルス量が再増加する。しかし、ウイルス量のリバウンドが遅れた症例がいくつも記録されていて、これは、幼児で治療を非常に早く開始した場合に起こりやすいようである。

この新しい症例の幼児は、HIV陽性の女性から満期で健康に生まれたが、この女性は妊婦管理を受けなかったので、母子感染を防ぐ抗レトロウイルス薬の投与を受けなかった。乳児は生後33時間でARTを開始した。14日目の検査ではHIV DNA 陽性であった。

幼児が13ヵ月の時、母親が幼児のARTを中止した。3年間にわたる追跡で、幼児は臨床的に健康で、HIV RNAは検出されない(20コピー/mL未満)ままであった。それに加えて、幼児のHIV抗体のレベルが低下し、月齢15ヵ月で陰性になり、その後も陰性が続いた。

臨床チームは幼児のモニターを続けていて、この長期のウイルスのコントロールは、治療を非常に早く始めたことに関係しているのか、あるいはこの幼児またはウイルス株の固有の特性によるものなのかを明らかにすることを目標にしている。

関連サイト

本記事は日本国外の治療に関するニュースであり、本邦では承認されていない薬剤あるいは本邦とは異なる効能・効果、用法・用量で使用されている成績が含まれていますので、ご注意下さい。
記載されている医薬品のご使用にあたっては、必ず各薬剤の製品添付文書をご参照下さい。

This material is based on an original copyright publication by NAM Publications, an independent HIV information charity based in the UK. Permission for this adaptation has been granted by NAM. The original publication can be viewed at www.aidsmap.com. NAM cannot be held responsible for the accuracy of the adaptation nor the local relevance of the text.

当コンテンツは、英国を本拠地とするHIV情報の慈善団体であるNAM Publicationsの著作権に基づいて制作し、許諾を得て掲載しています。 記事原文については、www.aidsmap.comでご覧頂くことができます。なお、その情報の正確性、適用性、完全性については、NAMは一切責任を負いません。

Practice Updates: HIV Managementは、ヴィーブヘルスケア株式会社からの教育助成金によりエイズ予防財団が選択したプログラムを提供しています。