• Home
  • CROI2021|アフリカで実施された試験では二次治療としてドルテグラビルとテノホビルの再使用が支持された
aids2018 NAM

2021年3月11日

アフリカで実施された試験では二次治療としてドルテグラビルとテノホビルの再使用が支持された

African study supports second-line dolutegravir and tenofovir recycling

Professor Nicholas Paton (bottom, left) presenting to CROI 2021.

アフリカの3ヵ国で実施された大規模な無作為化試験により、二次治療としてのドルテグラビルまたはダルナビル/リトナビルは、そのレジメンに含まれている核酸系逆転写酵素阻害剤(NRTI)に対する耐性が高くても、同じように効果があることが示された。その上、テノホビルとラミブジンは、患者が薬剤耐性変異を有していても二次治療で再使用することができ、治療薬の切り替えプロセスを簡易化できることがCROI 2021においてNicholas Paton教授が発表した試験より示された。

この結果は、エファビレンツまたはリトナビルを併用するプロテアーゼ阻害剤を含む一次治療レジメンによりウイルス量が再増加した患者はドルテグラビルとNRTI 2剤に切り替えるよう推奨している現在の世界保健機構(WHO)のガイダンスと関連している。しかし、WHOはレジメンに新規のNRTIを含めるよう推奨しており、現在、ほとんどの人が一次治療としてテノホビルを服用しているため、この推奨は、忍容性があまり良好ではないジドブジンへ切り替えることを意味している。

この試験には、ケニア、ウガンダ、ジンバブエの7施設におけるHIV感染者464名が組み入れられた。患者は、テノホビルとラミブジンを含むNNRTIベースの一次治療レジメンに不応となり1,000コピー/mL超のウイルス量を有していた。患者をドルテグラビルまたはダルナビル/リトナビル(800/100 mg)のいずれかに切り替える群に無作為に割り付け、さらに2回目の無作為化では、テノホビル継続群またはジドブジン切り替え群に割り付けた。

27%の患者がウイルス量が100,000コピー/mLを超えており、HIV治療に不応となり、疾患が進行していること、薬剤耐性の割合が高いことが示された(ラミブジン耐性92%、テノホビル耐性58.5%、ジドブジン耐性18%)。

このレジメンには有効なNRTIが含まれていなかったため、ドルテグラビル群とダルナビル群の反応に差は認められなかった(48週目のウイルス量が400コピー/mL未満である患者の割合:ドルテグラビル群90.2%、ダルナビル群91.7%)。NRTIに関する無作為化によって得られたウイルス学的アウトカムにも有意差は認められなかった(48週目のウイルス量が400コピー/mL未満である患者の割合:テノホビル群92.3%、ジドブジン群89.6%)。

この結果は、二次治療でドルテグラビルへ切り替えるというWHOの推奨を支持するものであったが、NRTIに関するWHOのガイダンスは改訂する必要があることを示唆している。

南アフリカとウガンダで実施された別の試験では、HIVの二次治療レジメンへの切り替えのきっかけとなる薬剤耐性試験を実施しても9ヵ月後にウイルス学的抑制が得られた患者の割合は増加しないことが示された。

この試験結果より、現在のフレームワーク内のリソースが限られた状況下で二次治療に変更するために薬剤耐性検査を実装しても、ウイルス学的抑制が得られた患者の割合が増える可能性は低く、一次治療の不応を管理するためには、今なおウイルス量の検査を重視すること、およびアドヒアランスを高めることを継続していくことが重要であることが示された。

関連サイト

本記事は日本国外の治療に関するニュースであり、本邦では承認されていない薬剤あるいは本邦とは異なる効能・効果、用法・用量で使用されている成績が含まれていますので、ご注意下さい。
記載されている医薬品のご使用にあたっては、必ず各薬剤の製品添付文書をご参照下さい。

This material is based on an original copyright publication by NAM Publications, an independent HIV information charity based in the UK. Permission for this adaptation has been granted by NAM. The original publication can be viewed at www.aidsmap.com. NAM cannot be held responsible for the accuracy of the adaptation nor the local relevance of the text.

当コンテンツは、英国を本拠地とするHIV情報の慈善団体であるNAM Publicationsの著作権に基づいて制作し、許諾を得て掲載しています。 記事原文については、www.aidsmap.comでご覧頂くことができます。なお、その情報の正確性、適用性、完全性については、NAMは一切責任を負いません。

Practice Updates: HIV Managementは、ヴィーブヘルスケア株式会社からの教育助成金によりエイズ予防財団が選択したプログラムを提供しています。