• Home
  • CROI2021|米国では多くの人がデシコビによるPrEPを行っている
aids2018 NAM

2021年3月11日

米国では多くの人がデシコビによるPrEPを行っている

Large numbers on Descovy PrEP in the US

Slide from Dr Karen Hoover's presentation to CROI 2021.

2019年10月に、エムトリシタビンとテノホビルアラフェナミド(TAF)で構成されたPrEP(HIV感染を予防するための定期的な薬物療法)の新しい製剤、ブランド名デシコビが、米国で承認された。最初の1年間で、すでにPrEPを服用していた人の29%がこのより新しい製剤に切り替え、PrEPを初めて開始する人の36%がこの製剤で開始した。CDCのKaren Hoover医師が、大規模な薬局データベースに基づいたこれらのデータを、CROI 2021で発表した。

TAF主体のPrEPの販売は米国では成功しているが、シスジェンダーの女性でのデータが不足しているために、その他の規制当局による承認はまだない。さらに、今では、テノホビルジソプロキシル/エムトリシタビン(TDF/FTC)が安価なジェネリックとして広く入手可能なことを考えると、費用対効果の問題について考慮する医療制度では、デシコビは、TDF/FTCよりもむしろ、腎臓の問題やその他の特異的な懸念がある人のニッチな選択肢としてみられる可能性が高い。

関連サイト

本記事は日本国外の治療に関するニュースであり、本邦では承認されていない薬剤あるいは本邦とは異なる効能・効果、用法・用量で使用されている成績が含まれていますので、ご注意下さい。
記載されている医薬品のご使用にあたっては、必ず各薬剤の製品添付文書をご参照下さい。

This material is based on an original copyright publication by NAM Publications, an independent HIV information charity based in the UK. Permission for this adaptation has been granted by NAM. The original publication can be viewed at www.aidsmap.com. NAM cannot be held responsible for the accuracy of the adaptation nor the local relevance of the text.

当コンテンツは、英国を本拠地とするHIV情報の慈善団体であるNAM Publicationsの著作権に基づいて制作し、許諾を得て掲載しています。 記事原文については、www.aidsmap.comでご覧頂くことができます。なお、その情報の正確性、適用性、完全性については、NAMは一切責任を負いません。

Practice Updates: HIV Managementは、ヴィーブヘルスケア株式会社からの教育助成金によりエイズ予防財団が選択したプログラムを提供しています。