• Home
  • CROI2021|HIV治療および予防のための長時間作用型注射剤
aids2018 NAM

2021年3月18日

HIV治療および予防のための長時間作用型注射剤

Long-acting injectables for HIV treatment and prevention

Carlos del Rio, Diane Havlir, Charles Flexner, Francois Venter, Hyman Scott, Nittaya Phanuphak (top to bottom, left to right) at CROI 2021.

CROI 2021のパネルディスカッションでは、実用的で手頃な価格のHIV注射剤療法の重要性に焦点が当てられた。

Diane Havlir教授は、過去10年間のHIV療法は主に強力なインテグラーゼ阻害薬および1日1回1錠レジメンに進歩がみられたが、次の10年は長時間作用型製剤の時代になると期待されると述べた。

Francois Venter教授は、南アフリカでは、患者は長時間作用型製剤を熱望しているが、医療提供者は運営上の困難に対する懸念のほうが大きいと述べた。南アフリカで成功している抗レトロウイルス療法プログラムは世界最大であるが、注射剤療法に適応させることは、疲弊しているクリニックにワークフローを再考させることになる。Venter氏は、これまでの曝露前感染予防(PrEP)経口療法利用者数には限度があるため、PrEP注射療法による潜在的利益について歓迎した。

最初の長時間作用型PrEP製剤であるcabotegravir注射剤(CAB-LA)は、本年末または来年早々までには上市されると考えられる。価格はいくらになるかまだ明らかになっていない。

Massachusetts General HospitalのAnne Neilan博士によってCROI 2021で報告された解析によると、米国で費用対効果を得るには、価格はHIV治療で承認されているcabotegravir /リルピビリン配合注射剤Cabenuvaの定価(最高額)の半額未満にする必要があると考えられる。

ジェネリック医薬品のテノホビルジソプロキシフマル酸塩/エムトリシタビン(TDF/FTC)(米国での価格は年間8,300ドルである)よりも費用対効果を高くするには、CAB-LAの価格は11,600ドルを超えないようにする必要がある。この価格ならば、得られた質調整生存年当たり100,000ドル(米国で一般的に費用効果があるとされる最大閾値)をかろうじて下回ると考えられる。

欧州およびその他の地域では、ジェネリック医薬品のTDF/FTCは年間約300~900ドルで購入できる。Neilan氏らの解析ではないが、そのモデルから、CAB-LAはHIV感染予防という点で優れた効果があるため、欧州の状況でも長期的にみて費用対効果があるまたは費用削減可能と考えられるが、年間約2,000~3,000ドルとした場合に限られる。

CROIで報告された別の試験によると、cabotegravir(Vocabria)注射剤およびリルピビリン(Rekambys)注射剤をHIV治療のために4週または8週ごとに投与したところ、2年間の追跡調査中、ウイルス抑制が維持された。

欧州医薬品庁は2020年12月にこの配合注射剤を承認し、1ヵ月に1回投与および2ヵ月に1回投与の両レジメンを支持した。一方、米国およびカナダ(注射剤はともにCabenuvaとして上市されている)の規制当局は1ヵ月に1回投与レジメンのみを承認した。

ATLAS-2M試験では、1,045例の被験者を、cabotegravir 400 mgとリルピビリン600 mgの4週ごとの注射投与、およびcabotegravir 600 mgとリルピビリン900 mgの8週ごとの注射投与に無作為に割り付けた。2年後、1ヵ月ごとの投与群では90.2%、および2ヵ月ごとの投与群では91.0%でウイルス抑制が維持されていた。

関連サイト

本記事は日本国外の治療に関するニュースであり、本邦では承認されていない薬剤あるいは本邦とは異なる効能・効果、用法・用量で使用されている成績が含まれていますので、ご注意下さい。
記載されている医薬品のご使用にあたっては、必ず各薬剤の製品添付文書をご参照下さい。

This material is based on an original copyright publication by NAM Publications, an independent HIV information charity based in the UK. Permission for this adaptation has been granted by NAM. The original publication can be viewed at www.aidsmap.com. NAM cannot be held responsible for the accuracy of the adaptation nor the local relevance of the text.

当コンテンツは、英国を本拠地とするHIV情報の慈善団体であるNAM Publicationsの著作権に基づいて制作し、許諾を得て掲載しています。 記事原文については、www.aidsmap.comでご覧頂くことができます。なお、その情報の正確性、適用性、完全性については、NAMは一切責任を負いません。

Practice Updates: HIV Managementは、ヴィーブヘルスケア株式会社からの教育助成金によりエイズ予防財団が選択したプログラムを提供しています。