• Home
  • MD-IQ|Question 2 オピオイドの使用、HIV感染および市中肺炎のリスク 質問5
  • Question 2オピオイドの使用、HIV感染および市中肺炎のリスク

MD-IQ

質問5 免疫抑制性のオピオイドを投与されている患者の研究結果によると、HIV感染患者は、HIV非感染患者よりも低用量でCAPのリスクが高くなる。

下記より1つご選択下さい。

  • 解説

    正しい

    JAMA Internal Medicine誌のオンライン版に発表された米国の退役軍人のデータを用いた症例対照研究の結果では、「HIV感染患者は非感染患者に比べて、低用量のオピオイドでも、特に免疫抑制性のオピオイドでは、CAPのリスクが高いようである」

    詳細情報は以下を参照:
    Edelman EJ, Gordon KS, Crothers K, et al. Association of prescribed opioids with increased risk of community-acquired pneumonia among patients with and without HIV. [Published online January 7, 2019]. JAMA Intern Med. Accessed January 23, 2019.

Translated and published with permission. Copyright © 2019 Frontline Medical Communications Inc., Parsippany, NJ, USA. All rights reserved.
Frontline Medical Communications Inc. is not responsible for the accuracy of the translation of this educational product, including errors, omissions, or misinterpretations that may have occurred in the translation of this product from English to Japanese.

Practice Updates: HIV Managementは、ヴィーブヘルスケア株式会社からの教育助成金によりエイズ予防財団が選択したプログラムを提供しています。

  • エイズ予防財団
  • ヴィーブヘルスケア株式会社